スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テディベアの作り方

2011年11月23日 17:52

出版社:主婦と生活社
MAKIKO(著)
単行本:79ページ
発売日:1995/10
☆★★★★(5星中星4つ)fuki的お気に入り度
☆★★★★(5星中星4つ)本のデザイン・雰囲気
☆☆☆☆★(5星中星1つ)作り方の見やすさ  

テディベアの作り方1

テディベアの作り方-14種類
作り方の説明:イラスト・型紙付。
テディベアの作り方2

写真下、登場するベア一覧。

テディベアの作り方3

本棚から取り出して懐かしい本だな~、と思いました。
ベアの本を集めだした当初のころから本棚にある本です。
本のサイズは小さな手のひらサイズ。
買った当初は「本の表紙がベアの写真じゃない!」とか思ったりもしましたが、
今になってみるととても素敵なデザインの本だなと。

昔に買ったときにこの本で一番好きだったベアは、
たしか赤頭巾ちゃんのベアだった。(写真3枚目上段中央)
あと一番カラフルなキャンディ=ケインというベア。
今は写真2枚目のサニー・サンディというベアとか、モヘアの子が好き。

好みが変わるっていうのは当たり前のことなんですけれど、
あらためて考えると今好きなものと昔好きだったもの、
まるでちがっていたりして不思議な気持ちになります。
「あ~、あのときあれすっごいかわいいって思っていたな」とか
「あのころはこれはぜんぜん可愛いなんて思えなかったなあ」とか。

ふだんはまったく思い出さないのに、
なんだか当時の自分の好みを思い出して初心に帰るような気持ちになります。
大切な気持ちがしおりになった本。
久しぶりにめくって、また本棚の片隅にそっと戻しました。

Amazonのページへ→テディベアの作り方


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/521-4d09c191
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ