小さなどうぶつブローチ

2010年10月02日 17:10

出版社:文化出版局
村上 伊万里(著)
単行本(ソフトカバー):87ページ
発売日:2010/08
★★★★★(5星中星5つ)fuki的お気に入り度
★★★★★(5星中星5つ)本のデザイン・雰囲気
☆☆★★★(5星中星3つ)作り方の見やすさ  

小さなどうぶつブローチその1

どうぶつのブローチの作り方-49種類
作り方の説明:写真とイラスト・型紙付。
小さなどうぶつブローチその2

小さなどうぶつブローチその3


動物のブローチの作り方の本です。

まず装丁が可愛い!!
初めて見たとき、
パッと目に飛び込んできて、なんて可愛らしいと思いました。
大きさも手に取るとそっと手の中に納まる感じで魅力的なサイズ。

そしてさらに素敵なのはその中身。
さまざまな動物のブローチたちの、ぺージをめくるたびに訴えるその存在感。
一冊をパラパラと最後のページまで見ると、
まるで動物園に行ったような気分になれます。

写真はブローチの実物大の大きさそのまま。
大きさをイメージするのもとってもわかりやすい。

ああ、こんなにどこからどこまで「ああ、ステキ!」って
言いたくなるような、
読むだけでとびきり嬉しい宝物を見つけたときのように
ウキウキする気持ちになる手芸本に出会ったのは、いつ以来だろう。

作り方の説明とかは初心者なんかにとっては、
ものすごーくわかりやすいというわけじゃないと思う。
けれどそういうこと何もかもヌキにして
本を見たら「私も作りってみたい」という気持ちが湧いてくる、
そんないつぶりのうれしい本でした。

Amazonのページへ→小さなどうぶつブローチ


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    なんかいいね。
    ブローチっていうと、布で作ったお花だったり、
    粘土っぽいイメージがあるけど、
    それとは違って、また味があるね!

  2. fuki・oomura | URL | -

    Re: タイトルなし

    kanaちゃん
    この本見て、今度私もブローチ作ってみたいなって思ったよ。
    どの動物も味があって可愛いの!
    それと著者の人の生地の選び方が絶妙なのです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/352-8a4b5f1a
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ