アンティーク好きが作るテディベアとラビット

2010年06月12日 16:35

出版社:文化出版局
泉 木の実(著)
単行本:95ページ
発売日:1998/12
☆☆★★★(5星中星3つ)fuki的お気に入り度
☆★★★★(5星中星4つ)本のデザイン・雰囲気
☆★★★★(5星中星4つ)作り方の見やすさ

アンティーク好きが作るテディベアとラビットその1

テディベア-38種類
ウサギのぬいぐるみの作り方-15種類
他、ベアの洋服の作り方・オリジナルパターンの制作方法など。

掲載されているテディベアのサイズ12cm~49cmのものまで
作り方の説明:写真とイラスト・型紙付。
アンティーク好きが作るテディベアとラビットその2

アンティーク好きが作るテディベアとラビットその3


なんとも言えない可愛いテディベアとラビットがいっぱ~い!
そしてそれらはどこかアンティーク風。

「古いものが大好き、」と言う泉木の実さんの著書です。
本の中で泉さんはこのように言っています。
私はテディベアをアンティークベアのように作ろうと思ったことはありません。
アンティーク風になるように、
素材を洗いざらしたり、
毛を刈ったり間引いたり、
わざとほころびを修理したようなステッチを入れたりすることはありますが、
それはその子のキャラクターのつもりで、
いつも自分の好きなべアを作っているつもりです。
(※テディベアとラビット、18ページより)

この本はアンティークベアを作り方の本ではなく、
本の題名通り、
アンティーク好きが作ったテディベアとラビットの本なのです。
この本を買ってアンティークベアのような
ベアが作れるというわけではありません、あしからず。

けれどやはりアンティークベアが好きな方にはオススメの一冊。
どこかノスタルジックな泉さんのベアは、
アンティーク好きな人ならきっと惹かれるはず。
丸顔のベアが好きな方やウサギ好きな方も必見!!
特にウサギのぬいぐるみパターンが
これほど豊富に掲載されている本は、なかなかありません。

作り方の部分についても丁寧にきっちりと説明されています。
泉さんのテディベアへの愛情がたっぷりとこもった一冊だと思います。

Amazonのページへ→アンティーク好きが作る テディベアとラビット


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    Re: アンティーク好きが作るテディベアとラビット

    うさぎーe-247うさぎーe-247e-247
    やっぱうさぎ可愛いv-238

  2. fuki・oomura | URL | -

    Re: Re: アンティーク好きが作るテディベアとラビット

    kanaちゃん
    この本はね、ウサギたくさん出てくるの。
    どれも可愛いよ~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/311-be2601b0
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ