きゅうりの作り方。

2010年05月29日 15:17

先日の日記、
2010/5/27の日記、作ってますよ、ガラス細工-きゅうりのきゅうりの作り方について。
ぶんぶん振って細長くするってどんなかんじ?という質問があったので補足です。
以下説明になります。
まず、ガラス細工を作るのには細いガラスの棒を使います。

ガラス棒

この写真のガラス棒の先っちょを火で溶かして、細工を作ります。
ガラス棒の太さは千歳飴くらい、といったらわかりやすいでしょうか?

肝心の作り方部分の写真がないため、
ものすごくテキトーなフキのラクガキ絵で説明を続けてきます。
まあ、文だけで説明するよりマシということで。
ガラスのきゅうりの作り方その1
ガラス棒の先っちょをバーナーの火で溶かし、丸を作ります。
最初に棒の先に「丸」を作るのが細工の主な基本です。
ガラスのきゅうりの作り方その2
丸く溶かしたガラス棒の先に、
もう一本別のガラス棒を溶かしてガラスを巻き付け、さらに丸を作ります。
形を安定させて雪だるまのような形にします。
ガラスのきゅうりの作り方その3
だるまの部分を火に当て続けて、形が崩れない程度に溶かします。
絵では同じ色で描き続けていますが、
実際はガラスの温度が高くなってきた部分はガラスが溶けた赤い色に変わります。
色が変わってきたら溶けてきたな~という目安です。
ガラスのきゅうりの作り方その4
だるま部分が熱され全体が赤色に変わったら、
棒を火から出して上下にブンンブン振ります。
そうすると解けたガラス(だるま部分)が勝手に細長く伸びるのです。
ガラスのきゅうりの作り方その5
こうしてほぼだるま型だった部分がきゅうり型になったら、
細いガラス棒を溶かして、きゅうりの「ぷつぷつ」や「へた」をつけます。
そして最後にきゅうりの根元部分になるところを溶かし、
ガラス棒から切り離したら完成です!!

ちょっとわかりにくい説明でしたが、こんなかんじです。
写真があればわかりやすいんですけど、
自分が作ってるところは撮れないもので・・・。
興味のある方は動画サイトをバーナーワークとかで検索すると
こういうのを実際に作ってる映像がいっぱい出るかと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    Re: きゅうりの作り方。

    そうやって作るんだv-42
    溶かしながら、挟んで、みょ~んって伸ばすのかと思ってたよv-12

  2. fuki・oomura | URL | -

    Re: Re: きゅうりの作り方。

    kanaちゃん
    こうやって作ってるの、って、
    この私のテキトー説明でわかった??
    良かったー。

    伸ばす作業はおもしろいよ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/305-3ca5be42
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ