リンダ・マリンズのアンティークテディベア

2010年04月09日 22:50

出版社:文化出版局
リンダ マリンズ(著)
単行本:103ページ
発売日:1998/06
☆★★★★(5星中星4つ)fuki的お気に入り度
☆★★★★(5星中星4つ)本のデザイン・雰囲気

リンダ・マリンズのアンティークテディベア-1

アンティークテディベアについてのことが書かれた写真集ですので、
手芸本ではありません。
※テディベアの作り方は紹介されていません。

リンダ・マリンズさんのアンティークベアコレクション紹介。
テディベアの歴史について、
主要なテディベアメーカーについての紹介など。
リンダ・マリンズのアンティークテディベア-2

リンダ・マリンズのアンティークテディベア-3


有名なアンティークテディベアコレクター、
リンダ・マリンズさんのコレクションを写真で紹介した本。

手芸本ではなくアンティークテディベアの写真集になります。
ベアの作り方は掲載されていません。

アンティークテディベアのお手入れの仕方、
テディベアメーカーの紹介など
アンティークベアのことをもっと知りたい!という方にはぜひオススメ。

アンティークのテディベアは海外ではそうでもないようですが、
日本ではあまりなじみがないものだと思います。
極一般的に、
おもちゃ屋さんで売っているテディベアしか見たことがない人からすれば
作家さん作ったのテディベアだって
「なんだこの値段は!?」と思われると思います。

アンティークテディベアはさらにその上をいく!!
それはふつうに見ればボロボロで、
なんかヘタをすると穴なんか開いていて、
どう見ても「ゴミ!」なぬいぐるみ。
しかし値段を見るとべらぼー高い。
しかもボロボロなほど高かったりする。
一般的な感覚でいけば、
「なんだこれ?ゴミじゃないの!?」と言いたくなってしまうかもしれない。

けれど一度でもそのアンティークベアの魅力の
とりこになってしまったら、もうダメです。
私も昔はアンティークベアにはまったく興味がなく、
上↑のように思っていましたが
今ではすっかりアンティークベアが大好きになってしまいました。

アンティークのベアたちはとっても深い瞳をしていて
見る人にいろいろなことを問いかけているようです。
たしかに見れば汚れていて、
ちょっとぼろぼろの彼らですが
私たちよりずっと長い時間を旅しているのです。
きっと私たちよりもたくさんのことを知っているのでしょう。

Amazonのページへ→リンダ・マリンズのアンティークテディベア


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    Re: リンダ・マリンズのアンティークテディベア

    アンティークベアという子たちをはじめて知りました☆
    アンティーク人形みたいなものなのかな。
    写真を見ていて、味のある子が多いよね!

  2. Re: Re: リンダ・マリンズのアンティークテディベア

    kanaちゃん
    そうだね、アンティーク人形みたいな感じかな。
    お値段なんかはピンキリですが、
    中にはびっくりするくらい高いものも!!

    新しいぬいぐるみとはちがう味わいのある表情のベアたちです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/280-f4ce32d7
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ