Cuddly Bears リンダさんのテディベア

2010年04月05日 21:44

出版社:文化出版局
リンダ スピーゲルロー(著)
単行本:95ページ
発売日:1992/09
☆☆★★★(5星中星3つ)fuki的お気に入り度
☆☆★★★(5星中星3つ)本のデザイン・雰囲気
☆☆☆★★(5星中星2つ)作り方の見やすさ 

リンダさんのテディベア-1

テディベア-19種類
掲載されているテディベアのサイズ14cm~36cmのものまで
作り方の説明:写真とイラスト・型紙付。
リンダさんのテディベア-2

リンダさんのテディベア-3

リンダ スピーゲルロー(Linda Spiegel-Lohre)さんの一冊。
なんといっても私、この本の表紙が好きなのです!
(本の中身と関係ないって?)
手芸本のような本こそ表紙で読み手を惹きつけ
手に取ってもらわなくちゃいけないんだから表紙はとっても大事ですよ!!

出版年月日を見たらもうすごーく古い本なのですね~。
まあ蔵書にはもっと古い本が超たくさんあるのですが。
このリンダさんのテディベア、
いかにもテディベアらしいテディベアだと思います。
テディベアの雰囲気・顔・形にもお国柄があって
例えば日本の作家さんの作るテディベアには丸めの顔が多いです。
ドイツなんかは鼻先がとんがっていて、
本物の熊の姿に近しい姿のものも多く見かける気がします。
あとはシュタイフみたいなスタンダードな形ですね。

アメリカベアはシュタイフみたいなスタンダードな形とは
ちょっとちがうのですが、
テディベアらしいテディベアが多い(と思う。)
リンダさんのベアは実にアメリカってかんじ!
ポっと部屋のどこかにいてほしい、
そんなテディベアたちが登場します。

ベアもそうですが、
日本の手芸本とアメリカの手芸本ではずいぶん雰囲気が違います。
この本も日本で出版された本ですが
本の雰囲気はやはり向こうのものに近いなあと思います。

Amazonのページへ→リンダさんのテディベア


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/279-38c2c2ab
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ