20cmのフェルトで作るかわいい動物たち

2010年03月29日 23:17

出版社:日本ヴォーグ社
前田 智美(著)
単行本:65ページ
発売日:2009/12
☆☆★★★(5星中星3つ)fuki的お気に入り度
☆☆★★★(5星中星3つ)本のデザイン・雰囲気
☆★★★★(5星中星4つ)作り方の見やすさ  

20cmのフェルトで作るかわいい動物たち-1

動物ぬいぐるみ-18種類・25パターン
作り方の説明:写真とイラスト・型紙付。
20cmのフェルトで作るかわいい動物たち-2

20cmのフェルトで作るかわいい動物たち-3


昨年の末にパソコンが壊れ、
スキャンしておいた手芸本写真データがふっとび一時滞り気味でしたが
また手芸本コレクションやっていきますよー。

本の写真をスキャンする作業って地味にめんどくさいのですよね。
それはさておき、
20cmのフェルトで作るかわいい動物たちです。

この本で紹介されている動物は
すべて20cm×20cmのフェルトを使って作っていきます。
※20cmのフェルト一枚で作品が完成するわけではありません。
作るのに用いる縫い方は基本ブランケットステッチのみ。
(ブランケットステッチはわざと縫い目を外側に出す刺繍の縫い方です。)
ブランケットステッチを使うことによって、
ぬいぐるみを作るうえで通常必要な
「縫い合わせた生地を裏返す」と言う作業が必要なくなります。

本で紹介される動物たちの特徴的なところは、
とても立体的なことです。
ぬいぐるみによくあるデフォルメされた感じではなく
実際の動物をスケッチして作られたぬいぐるみ、と言った印象を受けます。

私としてはこの本の型紙を使って
この動物たちをフェルトではない別の素材で作ってみても
おもしろいんじゃないかなあと思います。

ブランケットステッチは私も普段よく使う縫い方です。
とても簡単な縫い方なので縫うのに難しいことはないと思います。
ただ縫い合わせるパーツの数が多く、
パーツ(型紙)の大きさが小さい動物もいるので
手芸初心者の人はそこがめんどうくさく感じられるかもしれません。

でも他の手芸本ではあまり見かけない
可愛らしい動物たちがたくさん登場するので、
(私のお気に入りはなんといってもフラミンゴ!)
私的にはけっこうお気に入りの本です。

Amazonのページへ→20cmのフェルトで作る かわいい動物たち


にほんブログ村 ハンドメイドブログ (人形)・ぬいぐるみへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    Re: 20cmのフェルトで作るかわいい動物たち

    フェルトのぬいぐるみって、平面なイメージが強かったけど、ここまで立体になるんだねー☆

    しかも手軽な大きさのフェルトで出来るみたいだし、
    私も挑戦したくなってきた!

  2. fuki・oomura | URL | zrZf/ybM

    Re: Re: 20cmのフェルトで作るかわいい動物たち

    kanaちゃん
    フェルトでもけっこう立体的なのが作れるんだよ☆
    この本はブランケットステッチですべて縫っていくんだけど、
    ブランケットステッチだと
    生地を縫ったあと裏返さなくていいので気軽に作れるよー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/276-eee9cacb
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ