さよなら、モンリッキー。

2010年03月23日 22:03

先日ジャパンテディベアフェスティバルに出かけたとき、
帰りに立川のユザワヤさんに寄りました。
目的は愛用の糸。
私は縫いぐるみを作るのに、
昔からずっと一つのメーカーの糸だけを使っている。
その糸の名前は「モンリッキー」(Molnlycke)

どこの国で作られてるのかも
どんなメーカーなのかもサッパリ知らないまま、
私はこのモンリッキー糸一筋、かれこれ15年!!も使い続けている。

ミニチュアベア・縫いぐるみにとって糸は命。
針はものすごく太いものでなければ、
ある程度どんなものでも「この針じゃなきゃダメだ」とわがままは言わない。
でも糸はダメ。ごまかしがきかないのだ。
ダメな糸を使うと作業効率も作品の出来も大変悪くなる。
ミニチュアベア・ぬいぐるみ作りに必要な糸の条件は私的には二つ。

1.糸が細い。
2.引っ張りまくっても切れない。

いたってシンプルだけれどこの条件をクリアする糸は少ない。
そうしてたどり着いたのが「モンリッキー」
細いけれど切れにくい。
(切れる糸は悲しいくらいブチブチ切れるのです。)
その上優秀なことに、モンリッキーはケバ立たない&無駄にほぐれない。
けれど、ここのところ行く手芸屋さん手芸屋さんでこの糸を見かけない。
なぜ?
理由はわからぬまま、
先日今日こそ買うぞ!とユザワヤさんへ行った私。
だがしかし・・・!
またもモンリッキー、見当たらないじゃないですか。
あるのは空の棚だけ。
かすかな不安を抱え、店員さんに声をかける私。
「すいません、この棚の糸は入荷しないんですか?」
定員さん、あっさり「ああ、その棚の糸は廃盤になったんですよ。」
・・・廃盤・・・廃盤・・・、廃盤?
・・・・・・なんですとーーーー!!?

「は、は、は、廃盤になったってことはもう生産されないんですよね?」
とうろたえる私。
「えっと、廃盤ですからそうなりますね。」とさらっと店員さん。
(そりゃそうですよね。)

「ああ、そういえば残ったのがあちらの特別値引きの棚にありますよ。」
と店員さん、思い出したように一言。
そこには半額以下になり、積み上げられたモンリッキー・・・。
糸はあまり買い置きができないため、
(古くなると切れやすくなってしまうので。)
泣く泣く買えるかぎりの量を棚から買い込む私。

なぜ・・・、なぜ廃盤なんだーーー!!!
大ショックっ!!!
悲しい。
うう、さようなら。さようならモンリッキー。
今までありがとう。
明日からなんの糸を使えばいいんだ・・・。

モンリッキー糸


追記
調べたらモンリッキーはパッチワーク・キルト用の糸だったようです。
私はテディベアの材料専門店「プリメーラ」さんで買ったのが最初でした。
さっき、プリメーラさんのモンリッキー糸のページを見てみたら
モンリッキー廃盤に当たって、
モンリッキーに引けを取らない糸とコーツ社の
「デュエット」という糸を紹介していました。
とりあえず、これを買ってみるかなあ・・・。

みなさん細くて切れにくい糸を知ってたらぜひ教えてください~。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    Re: さよなら、モンリッキー。

    fukiちゃんみたいなお仕事をしている人じゃないと、
    そういう日常にあるものが廃盤になっても気付かないんだろうね。
    そう思うと少し寂しい。

    次の糸が合えばいいね☆

  2. fuki・oomura | URL | zrZf/ybM

    Re: Re: さよなら、モンリッキー。

    kanaちゃん
    良い糸だったんだよ・・・。
    次の糸があうといいなあー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/274-6a2c6dea
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ