秋葉絢-ガラス展に行ってきました。

2009年10月29日 17:07

先日は久々お出かけ。
ガラス作家の秋葉絢さんの個展、
秋葉絢 Aya Akiba ガラス展
-てのひらいっぱいのちいさな物語-へ行ってきました。

09/10月秋葉絢 ガラス展1
秋葉さんはコアグラスの技法をメインにした蓋物や、
バーナーワークによるアクセサリーを制作されている方です。
秋葉さんの作品を拝見するのは今回が初めて。
今年の春ごろ秋葉さんの作品を知り
一度は作品を見てみたいと思っていたのです!

個展は調布市、仙川のギャラリー「sagio-サジオ」
仙川に行くのもこれまた初めて。
ギャラリーは仙川駅から徒歩5分。

・・・はい、行ったことのない場所での恒例行事。
迷いました!
なぜ徒歩5分で迷うよ自分。
駅の周り、目的地反対方向をぐるぐる回りました。
方向音痴は健在です。
最近は「電信柱に書かれている番地を見る」
という技を会得したため、
ひどく遠くへ行ってしまう前に引き返し、無事に目的地に到着。

秋葉さんの作品は主にコアグラスという技法で作られた蓋物です。
蓋物というのは小さな小物入れですね。
↓が今回のガラス展のハガキ。
09/10月秋葉絢 ガラス展2
この写真の作品は「実り」6cm、実物も見てきました。
そう、蓋物の作品は全て大きさは6cmほど。
とても小さな作品です。

今回のガラス展に出品されていた作品は
蓋物、香水瓶(飾り瓶)、杯、
アクセサリー(帯止め・イヤリング・ネックレス)でした。

帯止めも素敵だったけれど、(紫式部の帯止めが良かった~!)
蓋物は見るものを惹きこむ力がある。
どの作品にも物語性があり、
小さな蓋物の中にぎゅっと一つの世界が詰まっているようでした。
これは実物を見ることができてよかったな。

また作品展があるときには伺ってみたいです。
ああ、ガラスっていいなあ。
スポンサーサイト


コメント

  1. kana | URL | -

    そんなに小さくて、こんなに細かいものをガラスでつくれるんですか!!?
    素晴らしい☆
    むしろ技法すら想像つかない私。。。

  2. fuki・oomura | URL | -

    Re: タイトルなし

    kanaちゃん
    ねー、びっくりでしょう。
    私もどうやって作ってるのか想像できない・・・!
    とっても素敵な作品だったよ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/tb.php/212-8bcb108b
この記事へのトラックバック


最新記事


copyright (c) fukiのいろいろ日記 all rights reserved. FC2ブログ